夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

足の裏が熱い理由と簡単な解決法

そろそろ夏本番ですね!今年は寒さが厳しかったので待ちに待った夏だけど、実際に夏が来てみたら今度は暑さでダウン。こんな状況に陥ってしまってはお話になりませんよね。今回は、足の裏の熱についてです。

足の裏が熱くて中々眠れず慢性的な睡眠不足に陥っているというような悩みはありませんか?冷房を使い室内の温度を下げているのになぜか足の裏だけ熱くて寝れないと本当にきついですよね。しばらく熱いのが続いて、いつの間にか寝ているけど足の裏の熱に睡眠を邪魔されてしまい結局朝起きてもきついというような悪循環は本当に困ってしまいます。今回は足の裏の熱の原因と対策についてみていきます。

足の裏が熱い原因

そもそもなんで足の裏だけがこんなに熱いのでしょうか?これが毎日続くと何か病気が原因か、と変な悩みが出てきてしまいますよね。結論から言えば身体的な病気という事ではありません。まれに糖尿病や、血流の悪化により同様の症状が見られる場合がありますが、ほとんどの場合が「自律神経の乱れ」です。自律神経の乱れは、ストレスや疲労の重なりによって引き起こされるものであり、自律神経失調症の初期症状ともいえます。

自律神経とは

脊椎の内部に位置し、目の動きから臓器類のバランス調整、果ては呼吸まで生命活動のすべてを調節している神経系です。これらは24時間体制で動き続け、覚醒時に活発になっているのが交感神経、寝ている時に動くのが副交感神経と言われています。パソコンに例えるとOSにあたり、すべての周辺機器を制御するためのプログラムという事になります。余談ですが、ヒーラーが患者のエネルギーを調整する時に一番最初に自律神経を取り出して、マイナスエネルギーを抜いて綺麗なエネルギーを封入します。これだけで1週間は元気でいることができます。ヒーリングを受けたことがある人ならばわかると思うけど、施術者が背骨あたりにエネルギーを入れるのは、実は自律神経のバランスを取っているからなのです。

f:id:reni99:20170626223752j:plain

 

対策法

突然ですが、世界の王様とか貴族のような偉い人たちは夜どんな風に過ごしていると皆さんは想像しますか?お風呂上りにバスローブでアロマでも炊きながら、紅茶をかたてにクラッシックを聞きくつろいでいる。大体こんな感じが多いかな?何ともかっこいい生き方ですね。風呂上りにビール片手に必死こいてソシャゲをやってガチャでいいキャラが出ないと言っては嘆く現代人を嘲笑うような生き方ですね。ちなみに、お金があるからかっこいいんじゃなくて、生き方がかっこいいからお金があるんです。この事については別記事でこってり触れますね。

話が脱線したので対策法を紹介します。

お風呂上り、上記のような「貴族ごっこ」をすれば良いのです。部屋が豪華じゃなくても、ティーカップが高価じゃなくても雰囲気は味わえます。ゆったり座って、可能なら画像みたいに電気を消してろうそくでも灯してのんびりとくつろぎます。これだけでかなり症状が改善されてゆっくり眠れるでしょう。

まとめ

お風呂上りタイムを活用して足のほてりとおさらばしましょう!

優雅にお茶を片手にのんびりくつろぐ。テレビやネットは一切やらず、ましてやソシャゲなんて絶対しない。最高のポジティブタイムを満喫することでストレスは消えて副交感神経が優位となり自然と眠れるはずです。

足の裏のほてりがない人も、今日からお風呂上りタイムを活用してストレス解消にあててみてはいかがですか?