夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

タイムリープ 理想的な過去へ戻る方法

f:id:reni99:20170701004704j:plain

今回でタイムリープ系記事も4回目になります。やり方編、理論編、技術編と書いてきたので、今回はさらに突っ込んで世界線設定編になります。過去に戻ると住んでいる世界が大きく変わってしまう事は散々2ちゃんねるなどで議論されているし、細かい世界設定を思い出せないために起きてしまう事象であることは確実と思われます。

今までの話を総合すると、現実世界というのは簡単に変わってしまうという事の裏付けとしては十分すぎるほどの説明になると思います。今回は世界線設定をより細かく設定して、自分の好きな世界へ行くことは可能かどうかという内容になります。

基本的には潜在意識を使った願望実現法と似たような内容です。

そもそも世界の設定って何?

皆さんはエネルギーを使い飲み物の味を変えたり血液を綺麗にしたりすることはできますか?今となってはこの程度のエネルギー技術なら、超能力とは呼べないような簡単なものであり、気功やエネルギー技術を学ぶ能力者1年生が覚えるような技術です。

わたしにとってごく当たり前のこの能力も、こういう世界を知らない人から見ればまったく理解の出来ない事が展開されていると思ってしまうでしょう。

少しでも波動を操れる人は波動調整なんか当たり前の世界にいる人、波動にまったく関心のない人は超能力と聞けばテレビで見るよな、透視で行方不明者を探したりする怪しい世界でしかないという事になります。

つまり、世界の設定とは、その人が見ている常識という事になります。常識なんて言うものは自分が作っているものであると言い換えることもできます。余談ですが、透視によりまったく同じ世界を見通すことは非常に難しいです。透視をすればいくつかの世界が同時に見えてしまい、能力者はそれに気づかない事も多いのです。同じような世界が無数にあり、ピンポイントで今いる世界のみを透視するのは本当に神業であり、逆に言えばそれだけ世界というのはもろいものなのです。あなたが今いる世界を決めるものは、あなたの思考、意識、そして常識に過ぎないという事です。

 

好きな世界に行くには?

せっかくタイムリープに成功しても戦争中だったり、今よりさらに不況だったりしたらがっかりしますよね?特に今がきついとかネガティブな理由でタイムリープに挑もうとしている人は、潜在意識にネガティブが反映されないように注意が必要です。タイムリープする場合は「この世界は自分が見ているネガティブな夢。

起きれば素晴らしい現実が待っている」と強く思い込み、「早く目が覚めろ、こんな悪い夢はもう結構です!」とオーダーする必要があります。今が嫌だから過去に戻るという意識では嫌が優先されてしまうので、嫌な今は夢という事にして、全部夢に引き受けてもらいましょう!重要ポイントなのでもう一度。現実は悪い夢です。ネガティブは夢に引き受けてもらいましょう。

まとめ

世界とは、今まで覚えてきた常識や自身で体験したものが反映されており、それが独自の周波数を作り現実として目の前に現れています。タイムリープをする際は嫌な事は全部夢に引き受けてもらいましょう。また、今の常識がある程度反映されるのでここも問題ありません。例えば2000年に戻るとして、「リープ先はまだガラケーかよ、パソコンもXPだぜ、おえー」とか思う必要はありません。現実はあなたが作るものだから、常識として機能しているスマホは2000年ですでに出ている世界の可能性も高いです。でも、大して思い入れがない常識ならば2000年当時の物になる可能性が高いです。PCにあまり興味がない場合は戻った先でXP全盛の可能性は高いという事になります。

今日のポイントは「ネガティブな今は夢に引き受けてもらう」「自分好みの設定を反映を反映させて理想の世界に行こう」の2点でした。

 

良いハッピーライフを!