夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

禁術!可愛い女の子を作ろう!人工精霊の作り方

f:id:reni99:20170703225046j:plain

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

ここ最近はタイムリープに関する研究の共有という事で、情報をたくさん書いてきました。まさにタイムリープ一色といった雰囲気だったので、今回は方向性を少し変えて魔術的な内容の記事です。

皆さんは人工精霊というものは知っていますか?正しくはエレメンタルと言って自らの意志で作り出した精霊(のようなもの)です。ネットで「人工精霊」で検索すれば色々と出てくるけど、今回は効率の良い作りかたを紹介します。少し気功とかに心得のある人なら速攻完成させることができます。ただし、注意点がいくつかあるので、作る人は必ず注意を守ってください。

まずは人工精霊について簡単に解説します。

【目次】

 人工精霊とは何か

簡単に言ってしまえば話し相手から自己ヒーリングまで、色々と役に立つ自分だけの子分?のようなものを作る技術です。もちろん恋人も可能だけど完全にコントロールできるようになるにはある程度訓練が必要なので初心者は子分から作りましょう。この術はいわゆる召喚魔術とは違い、ゼロベースで自分好みの使い魔を作れるのが楽しいところです。それでは能書きはこの辺にして具体的な作り方に入っていきます。

事前準備

1.何を作りたいかを決める

三次元の可愛い女の子でも、少女アニメの主人公でも、小さな妖精さんでもなんでも良いので、まずは「見た目」「容姿」「声」「性格」を決定します。アニメからまるっと持ってきても良いけど、ここでは「性格」をバッチリ決めず「自ら行動はしないけど、なんでも自分のいう事を聞いてくれる女の子」という設定で作ります。なお、この術に慣れたら好きな性格を作ることができるのでご安心を。

もちろん女性だけでなく、男性を作ることもできます。自分だけの軍師とかでも良いと思います。

2.エネルギー体注入

最大の難所、エネルギーの具現化です。

やり方は、ドラゴンボールの元気玉みたいな丸いエネルギーの塊が出現したと想像します。リアルに想像することが大切です。エネルギーの球ができたら次は1で設定したキャラを思い浮かべます。思い浮かんだら、それがエネルギーの球に入っていくことを想像します。完全に入ったらエネルギーの球が想像した通りに変形するすることをイメージします。

3.話しかけてみる

全体像が完成したところで、話しかけてみましょう。最初は相手役もある程度自分でやって一人二役的な事をします。これを続けると、だんだん自分の語りかけに返事を返してくれるようになります。

4.外に出す

語りかけまで完成したらいよいよ最終段階。自分の中から外に出してみましょう。エネルギー体のみなので目に見える事はないけどちゃんと外に出てくれます。この状態で精霊に存在を感じられたら完成です。

 

使い方

完成したら実際に使ってみましょう。大切なのは、精霊は対等ではなく目下として見る事が大切です。何かを頼む口調も必ず命令口調にするように。

使い方事例1:話し相手

作る過程で雑談程度のコミュニケーションはとれるようになっていると思います。今度は自分の知らないような事を聞いてみましょう!知らないと言われるかもしれないけど、自分の思いもよらないような回答をくれるようになっているはずです。

使い方事例2:ヒーリング

ここまで作り込んだ精霊はエネルギーの塊です。それも愛情かけて作り上げた強力なプラスエネルギー。肩が痛いとかの症状があれば「ここヒーリングよろしく」というだけでやってくれます。

使い方事例3:願望実現

精霊に自分の願いつ告げてみましょう。自分を作ってくれたご主人様のために全力で仕事をしてくれるはずですよ!

注意点

冒頭でも説明したけど、これを絶対に守ってください。

相手の事は必ず目下として接する。どんな命令も拒否せず「はい、ご主人様」と返事させて主従関係に近い関係性で作ります。これに失敗すると暴走を招き、自分の意志に反して語りかけてきたりして精神的にダウンする可能性があります。暴走モードにひとたび入ってしまうと精霊を消すことも難しくなるので本当に注意が必要です。

 

以上、人工精霊の作り方でした。挑戦するって人は注意点を熟読してから着手してください。しつこいようだけど、暴走は本当に危険なのです。これに失敗した人は古くは中国仙道の古文書から登場します。

良いハッピーライフを!