夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

選択と年齢

今回はお世話になっているはてなブログさんからのお題という事で、選択と年齢について紐解いていこうと思います。実はこのことについては以前の美容記事である程度書いてしまったので今回は、以前の記事のおさらいに加えて「選択」という事を加えてみたいと思います。

以前の美容記事はこちら

www.mahorovacation.tokyo   選択と年齢

わたしたちは、生まれてから人生最後の日を迎えるまで、様々な選択の連続です。実は生まれる以前から、環境や時代背景、生まれる星でさえも自らの意志で選択して生まれてきています。

わたしたちは幼稚園児レベルの頃から、様々な選択をしなければならないレールが敷かれてあり、当たり前のようにその上を歩いて生きてきています。なので実年齢という「設定」を生まれた時からくっつけられているのです。これを踏まえて、実年齢とは何かを改めて説明します。

実年齢ってなに?

江戸時代から明治くらいまでは人生50年とか言われていました。実際、わたしの曾祖母は60代でザ・日本のおばあちゃんという雰囲気に溢れていました。曾祖母はわたしが赤ん坊の頃に60代で亡くなったので写真でしかしらないけど本当に和服を着たおばあちゃんって感じの人でした。

わたしの祖母(93才)の方がまだ若く見えるくらいですよ・・・。

ところが現代の60代ともなれば、おばあちゃん感はまるでない熟女といった雰囲気の人が多いでしょう。さて、ここで疑問なのは、明治生まれの曾祖母の60代と、現在の60代ではなぜこんなに大きな違いが出てきたのでしょうか?

医療技術の進歩により寿命が延びたからというのが常識だけど、実はこれは間違ってます。ただ寿命が延びただけなら現代の60代女性が若い説明がつきません。実年齢とは、ただの数字であり見た目や身体能力を左右する力なんて全然ありません。その時代時代の常識が反映されているだけなのです。

まとめ 年齢と選択をイコールにしない事

よく、もう〇〇才だから無理だとか出来ないとかいうけど、年齢を理由に諦める必要なんて全然ありません。年齢による不可能というのは自分の中の常識が機能しているだけであり、勝手に今まで教わってきた間違えた常識を自分で採用して設定としてくっつけているだけです。60代で起業しても、70代で婚活しても全然問題ないのです。最後はバシャールの有名な言葉で締めくくりたいと思います。

「状況は問題ではない。自分のあり方の問題である」

良いハッピーライフを!