夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

漢字を覚えなおして体調を良くしよう

f:id:reni99:20170724220735j:plain

こんにちは、れにです。Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

前回、普段から「氣」という漢字を使うようにして、「気」という呪いを込めて作られた漢字を封印することにより最速運氣アップという内容を書いたけど、今回も使ってはいけない漢字シリーズ第二弾という事で、「霊」という漢字についての説明をしていきたいと思います。

前回の「氣」の記事はこちら

www.mahorovacation.tokyo

【目次】

霊という漢字の意味

霊というと、墓場を漂う火の玉とか幽霊とか貞子とか色々怖いイメージのほうが多いと思います。実は、この「霊」という漢字も「気」と同じく、GHQに日本を占領された時に強制的に変えられてしまった漢字の1つで、強い呪いを込めて作られた言葉です。

「霊」とは魂の入っていない抜け殻。つまり、一般的に持たれているようなお化けとか幽霊という意味です。もっとも、幽霊という現象のほとんどがDUP25という遺伝子に起因する恐怖心が脳に過剰に伝わる事により引き起こされる幻覚なのですが。

変更される前の霊という漢字

GHQに介入される前の霊という字は、漢字そのものも、意味もまったく違ったものでした。その漢字は「靈」です。速攻覚えなおしちゃってください!

大して画数も多くないから覚えなおすのは簡単だと思います。

靈という文字の本当の意味は巫女が雨乞いの儀式を行う姿が元になっています。文字を良く見ると、神々の声を聴くことができる神聖なる巫女がお札を片手に儀式を執り行っているような形が見えてきますね。

霊とは全然違う意味ですようね。靈と氣をセットで覚えなおすだけで漢字による呪いが解けて体の調子が全然良くなります。さらに運が上昇し日本人が潜在的に持っている超能力的な力が次第に戻ってきます。

 

強制的に変更された理由

選民思想ではないけど、日本人というのは民族全員に巫女に力が備わっている特殊な民族で非常に高い波動を有しています。中でも日本人が操る言葉は、その言葉ひとつひとつに意味があり、言霊として機能しています。

現代ではチャネリングと呼ばれる神々との交信術を備えた民族は非常によくインスピレーションも働きます。戦時中に日本兵が零戦を駆り上空で繰り広げた戦闘は戦闘機の性能だけではなくこのような戦闘の場でも大きく生かされていたのです。

世界各地の空で見せた日本軍の戦闘的センスが日本民族が元より持っているチャネリング能力によるものだと見抜いたGHQは靈という漢字を封じることにより超常能力を落とそうという狙いで変更されました。結果、チャネリングところか、ヒーリングまで信用しないような人間が増えて、神々とのリンクが途切れ、弱体化してしまいました。超常能力だけでなく、身体的にも、靈的にも、そして運勢もすべてを悪くされてしまったのです。

まとめ

仕掛けが分かればGHQの施策も恐れるに足りません。

靈と氣を覚えなおし、普段からこの漢字を使うようにするだけで神との繋がりが復活し、本来の靈能力が戻りより強い体(本来の漢字は體です。これは次回に説明します。)になり、さらには運まで元通りになっていきます。

教育で教えられた呪われた漢字はさっさと忘れて本当の能力を取り戻しましょう!

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!