夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

異世界へ行くエレベーターを試してみた

f:id:reni99:20170808215949j:plain

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

あなたは今いる世界とは違う世界があるという事を信じますか?

今、この記事を読んでいるあなたとは別のあなたが同時に、ほとんど同じような世界に存在し、この記事を読んだあなたもいれば、ももクロの記事を読んだ異世界のあなたもいます。果ては両方読んだあなたも存在しています。これが専門用語で言われる「エヴェレットの多世界解釈」という考え方です。詳しく知りたい方は下記のWikiリンクからどうぞ。

エヴェレットの多世界解釈 - Wikipedia

今日はネット上の都市伝説として有名な、異世界に行くエレベーターの解説と、試してみた結果です。

【目次】

 

異世界行きエレベーター やり方

使うもの:10階以上あるエレベーター

1.エレベーターに一人で乗る
※一人以外で乗ると成功しません
2.エレベーターに乗ったまま4階→2階→6階→2階→10階と移動します。
※移動中に誰かが乗ってきたらやり直し
3.無事に2の工程をやり終えて10階に到達できたら、降りずに5階を押します。
4.5階に着いたら若い女の人が乗ってきます。
※乗ってきた人に話しかけたら失敗になる
5.女の人が乗ったのを確認したら、1階のボタンを押します。
6.するとエレベーターは1階に降りず、なぜか10階に上がっていきます。
7.成功すると誰もいない世界にたどり着きます。

試してみた結果

前に勤めていた会社の入っているビルが土日になると正面玄関が閉まる上にほぼ誰もいない状態になるのでこの方法をやり放題でした。

何度か試してみたけど、結果は異世界には行けませんでした。

ただ、試した後で面白い事が起こりました。どう考えても締切に間に合いそうにない仕事がクライアントの申し出により無くなったり、普段は土日は出勤する人が少なくてバタバタという日がずっと続いていたけど、その日に限っては変に仕事が少なかったり。

偶然が重なっただけかもしれないけど、だるい仕事が一気になくなってくれたりしたので一概に失敗とは言えなかったのかもしれません。単なる偶然か、ちょっとだけ違う世界に入ったのかは今でも不明です。

 

まとめ この方法で異世界に行けるのか?

行けません!(即答)

しかし、仕事に煮詰まっていた時に気晴らし程度にやってみたら意外に仕事がうまく行ったという事もあったので潜在意識に影響を与えることはできたのかもしれません。

今回のエレベーターの方法は魔術としてみるとエネルギーソースを呼び込むという魔術には必須のプロセスをふんでいないので効果のほどは怪しいものだけど、気晴らしには良いかもしれませんね。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!