夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

天空都市マチュピチュ4つの謎と超常的エネルギー 美しい画像に乗せてお届け

f:id:reni99:20170820180243j:plain

20世紀最大の発見とも言われた伝説の天空都市マチュピチュ。歴史や遺跡にあまり興味のない人でもその名を知らない人はいないというほど有名でしょう。発見から100年以上経つ現在も、マチュピチュの謎は解明されていません。

マチュピチュは物理的な側面以外にも、パワースポットとしても有名であり、まさに謎だらけの遺跡ですね。人を引き付けてやまないマチュピチュ、海外サイトからいただいた美しい画像に乗せて4つの謎を紐解いて行きましょう。

【目次】

 マチュピチュの歴史 発見から現在まで

マチュピチュはアメリカの考古学者ハイラム・ビンガム博士という人により発見されました。発見されなかった理由としては、インカ帝国には文字がなかったことと、下界(?)からは一切見えないように都市が設計されていたことに起因します。

現在はペルー有数の観光地となっており、歴史マニアはもちろん、スピリチュアルマニアなどが多数足を運び毎日観光客で賑わっています。

マチュピチュへの行き方

 

地図を見ても山ばっかりでどう行けばいいか分からないというのが本音ですね。日本からの行き方をざっとまとめてみました。

1.成田からリマ

2.リマからクスコ

長距離バスだと21時間かかるので飛行機で行った方が早くて楽かな

3.クスコからマチュピチュ村

こちらはバスで簡単に移動可能。

4.マチュピチュ村から遺跡まで

体力に自信があれば徒歩、一般的にはシャトルバスで移動。

ちょっと複雑な行き方ですね。海外旅行に慣れてないとこれだけの移動をこなすのは難しいのでツアーが無難で簡単と思われます。

単純な疑問 マチュピチュってどういう意味?その語源

地元も言葉で「老いた峰」という意味です。

ハイラム・ビンガムがガイドを伴いマチュピチュ遺跡にたどり着いた時に、ガイドに「あれは何ですか?」と聞いたところ「老いた峰(マチュピチュ)」と回答したという。ハイラム・ビンガムが遺跡の名前がマチュピチュなのだと誤認したことによりこの名前が一般的に知れ渡ったのです。

インカは文字を持たない文明だったので、本当の遺跡の名前は伝わっていないというのが本当でしょう。

マチュピチュの謎1 誰が何のために作った都市?

f:id:reni99:20170820181752j:plain

f:id:reni99:20170820181833j:plain

f:id:reni99:20170820181850j:plain

 

段々畑を完備し、放牧も行われており、食料の確保も完璧で、さらに水路が張り巡らされているので水も豊富にあった様子。こんな行きにくい場所に誰が何のために都市を作ったのでしょうか?

マチュピチュは15世紀、パチャクティというインカ帝国の王様によに建設されました。人口は最大750名ほどと、都市規模はとても小さい町です。

王族の離宮という説が現在は主流となっているけど、アンデス山脈の奥深く、そして強力なエネルギーが集まる場所に作られた都市という事を考えると、当時の神殿というか、パワースポットだった事は簡単に想像できますね。その証拠に、有名な太陽の神殿から月の神殿等の施設が立ち並んでいるので都市の利用用途は秘密のパワースポットだったのでしょうね。

f:id:reni99:20170820182912j:plain

こちらが太陽の神殿。何やら日時計のような雰囲気ですね。

マチュピチュの謎2 都市の人はどこに消えたのか?

f:id:reni99:20170820183115j:plain

f:id:reni99:20170820183142j:plain

残念なことに、インカ帝国は1533年にスペインの侵略により滅亡してしまいました。すべての都市を征服されたインカ帝国の住民は虐殺され、黄金の装飾品は根こそぎ略奪されるという恐怖の伝説は現代にも轟いています。

しかし、マチュピチュは下からは見えない秘密都市なので陥落せずに残りました。都市は残っても国が滅びてしまったので生き残りの住民は住み続けるわけにもいかず、アマゾンの奥地に逃げ去ったと言われています。

 

マチュピチュの謎3 財宝はどこに?

f:id:reni99:20170820183902j:plain

f:id:reni99:20170820183933j:plain

インカ帝国と言えば美しい黄金細工。マチュピチュには王族の宮殿もあったので、当然財宝はあったはずだけど、なぜか発見されていません。秘密の地下室にあるとか、色々言われているけど、生き残りがアマゾンへ逃げたのだとしたら、その時に全部持って行ったと考えるのが妥当ですね。生き残りがアマゾン奥地に都市を作り反撃の機会をうかがったとも言われているので、後年にアマゾンからインカ人の生き残りが作った都市の遺跡が財宝とともに発見されるかもしれませんね。

マチュピチュの謎4 不思議なエネルギー

f:id:reni99:20170820184427j:plain

スピリチュアルの世界にはマチュピチュと呼ばれるエネルギーがあります。水晶などの開運アイテムに強力なパワーを付与する術で、エネルギーソースはマチュピチュの波動から取っています。

マチュピチュを実際に訪れると、このエネルギーに触れることができるので、ちょっと波動を操れる人ならパワーストーンなどの色々な媒体にエネルギーを封入することが出来ます。

インカ帝国が現役時は黄金細工や装飾品にエネルギーを込めていたのかな?

まとめ

f:id:reni99:20170820184917j:plain

伝説の天空都市マチュピチュ。滅亡した今でもスピリチュアルエネルギーを発し続けているのでスピリチュアルが好きな人たちに利用されています。パワースポット、歴史的観光地の2つの顔を持つマチュピチュ、今もなお発掘作業は続いているので色々な発見がこれからもありそうですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!