夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

古城を思わせる美しさ!曾木発電所跡

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

鹿児島県にある曾木発電所跡。

まるで西洋の神殿か古城を思わせる美しさで知られており、廃墟ブームの時はたくさんのカメラマンで賑わった発電所跡です。

曾木発電所跡はいつでも撮影できるというわけではなく、初夏から秋にかけての水量が少ない時のみ顔を表します。運が悪いと顔を出している季節でも水の中だったりします。

今宵のエア冒険はレア度の高い曾木発電所跡へとお連れします。

【目次】

 

 

曾木発電所の場所

 

鹿児島県の川内川沿いにあります。

観光地としても紹介されており、車で簡単に行くことが出来ます。見れる時期が限られているという事もあり季節になると人気スポットとなっているようです。

美しき赤レンガ造りの遺構

f:id:reni99:20170904220128j:plain

こちらは全体図。探しても全景の写真はなかったのでフリー素材を借りてきました。

f:id:reni99:20170904220148j:plain

本当にお城か神殿のようですね。朝方ということもあり、朝の霧とマッチしてとても幻想的な雰囲気です。廃墟サイトの方で紹介しようかとも思ったけど、今となっては曾木発電所は有名スポットであり美しさで知られている場所なので、こちらで記事を作成することにしました。

f:id:reni99:20170904220521j:plain

かなり古い橋ですね。恐らくは曾木発電所が現役稼働していた時に作られたものかと思います。

f:id:reni99:20170904220606j:plain

ローマかどこかの神殿だと言ったら誰しも信用することでしょう。作られたのは明治39年のことなので、かなりの年月が経過した今でも当時の美しさを今に伝えています。稼働していた当時は水力発電所だったそうです。

f:id:reni99:20170904220831j:plain

朝霧と水面。神秘的ではあるけど、すっと幽霊船が現れそうで不気味でもありますね。

f:id:reni99:20170904220948j:plain

遺構が見える季節でも、雨の日の後とかはこんな状態になっていることも珍しくないそうです。わたしが訪れた時は写真を見ての通り、しっかりと遺構が外に出ていたのでラッキーでした。朝方の霧がかかっている時間帯に訪問することが出来たのも運が良かったです。おかげさまで神秘的な体験をすることが出来ました。

廃墟ブームも過ぎ去り、現在はこのような貴重な産業遺産はどんどん取り壊されています。老朽化により、危険だという周囲の住人からの苦情も多いと聞いています。産業遺産ならまだいいかもしれないけど、それがただの廃墟だったら周囲に住んでいる人は嫌がっても仕方がないですね。

現在のところ、曾木発電所は伊佐市の公式HPにも掲載されるほどなので解体という話は出ていません。産業遺産として、そして観光地として残してほしいものですね。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!