夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

無数のくらげさんとゆらゆら泳げる島 常夏リゾートのパラオ共和国

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

地球には異世界的な不思議な光景がたくさんあります。

今宵のエア冒険は日本から遥か3100キロ離れた南海の孤島、パラオ共和国のロックアイランドと言う島が舞台です。ダイビングスポットとして有名で、なんと、数万匹のくらげと一緒にゆらゆらと泳げるポイントです。

【目次】

 

 

日本となじみの深い国 パラオ共和国

f:id:reni99:20170914224227j:plain

パラオ共和国は一次大戦後、戦後処理で日本の統治下に入りました。侵略ではありません。日本統治の元、インフラやライフラインの整備が行われ多くの日本人が移住しました。パラオ人にとっても日本統治は良かったようで、現在も親日家が多い国として知られており現在も友好国として良い関係を続けています。

人口はおおよそ2万人前後、面積458km2の小さな島国です。

f:id:reni99:20170914214214j:plain

 こちらがパラオの位置。

フィリピンやインドネシアにほど近い南国ですね。行き方は成田からパラオのコロール島まで直行便が出ています。成田からだと4時間45分ほど、金額は7万円から10万円くらいが相場のようです。もちろん南国なので常夏アイランドです!冬に旅行して真冬のサンサンサマータイムなんてこともできてしまいます。沖縄に行くよりやや高めだけど、日本とは違う美しい大自然が広がる常夏リゾートでくらげさんとゆらり泳ぎたいという人には決して高い金額ではないと思います。なお、一部のくらげさんのように毒があったり刺されたりと言った心配はないのでご安心を!

 

くらげさんとゆらゆら泳ごう

f:id:reni99:20170914214451j:plain

f:id:reni99:20170914214508j:plain

f:id:reni99:20170914214526j:plain

フィリピンのほど近い南国の島なので平均気温は27度と、とても暖かいです。そんなパラオ共和国の島の一つ、ロックアイランドに無数のくらげさんとゆらゆらできるダイビングスポットがあります。

美しいパラオの大自然と海を堪能し海岸でバーベキューという楽しみ方が一般的なようです。気候も温かいので、まさに南海の楽園ですね。

まとめ

 

f:id:reni99:20170914220248j:plain

via:Largest animal migration in the world

神秘的なくらげさん達と一緒に泳げるロックアイランド島、まさに夢と魔法の南国パラダイスですね。日本とも交流が深く、親日家もたくさんいます。日本統治の時代があったのである程度日本語も通じますが、基本はパラオ語です。

だだ、パラオは熱帯雨林気候のため雨が多いので、日本では嫌と言うほど振りまくっている雨を避けるためにパラオに行ったらまた大雨なんてこともないとは限りません。

常夏リゾートのパラオ共和国、あなたも今年の冬は寒い日本を離脱して真冬のサンサンサマータイムを体験してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!