夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

愛のおまじない!女神イシュタルの惚れ薬の作り方と検証

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

魔術関連の記事を書くのは本当に久しぶりになりますね。

今回はとっておきの面白い情報です!魔術の調べものをしていて偶然みつけたのだけど、なんと惚れ薬の情報が出てきました。

matome.naver.jp

【目次】

 

 

惚れ薬の作り方

f:id:reni99:20170916002311j:plain

【使う材料】

赤い薔薇の花びら6枚

バニラビーンズ6個

シナモンスティック1本

【作り方】

金曜日の夜にお湯を沸かして薔薇の花びらとバニラビーンズを中に投入する。シナモンスティックでかき混ぜながらサチュロス・ヴォルグ・ギルブという呪文を唱える。煮詰まったら液体を瓶に入れて保管する

イシュタルとは?

シュメール神話に登場する愛と豊穣の女神です。

非常に高い地位にいる神であり、美しさで魅了する愛の女神だが、勝敗を司る戦いの女神としての一面も持ち合わせます。武器を持った軍神として描かれることも多い女神です。

気になる効果は?

怪しいところとして、相手に飲ませるのか匂いをかがせるだけで良いのか、使い方の記載がありません。また、呪文の意味も不明です。

しかし、完全には否定できない部分もたくさんあります。

 まず6という数字にこだわっている点。6は恋愛のエンジェルナンバーとして知られている数字であり、異世界からエネルギーを召喚する時に使う六芒星の意味もあると思われます。また、呪文を唱えながらかき混ぜるという行為により、強いエネルギーを封入することもできます。

魔術として成立している部分も多いので、完全なでっち上げとも思えません。

 

両想いとは、どのような状況か

これは超能力の世界で言われる「間のエネルギー体」という自分の靈体と相手の靈体の繋がりの大きさで決まります。つまり、自分と相手の繋がりを表すものが靈的に存在すると思っていただければOKです。

間のエネルギー体には、相手側、中間、自分側の3つに分けられ、この3つを同時に調整する必要があります。卓越した超能力者でも気にも留めていない相手をいきなり好きにすることは容易ではありません。何気ない仕草等で、相手との距離を縮めながら、間のエネルギー体を育てるというのが靈的に言う恋愛なので、エネルギー体のみにアプローチをかけても効果は薄いでしょう。

結論!

卓越した超能力者が行う縁結びや縁切りはエネルギー体へのアプローチです。魔術で作った薬程度でエネルギー体にアプローチしても効果は少ないでしょう。

イシュタルの惚れ薬というのは、超能力者が強いエネルギーを込めた水でありシナモンだの薔薇の花だのは単なる香付けと思われます。

超能力の訓練経験がない人でも似たような効果を出すために呪文を唱え、意識を最大限に高め臨場感を出すために行う儀式であると考えるのが妥当です。一種の引き寄せの法則なのかもしれません。

怪しい話でしたが、最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!