夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

電車でロンドンへ行こう!シベリア鉄道を日本へ引く計画(ロシア)

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter 

その距離約14000km!東京からロンドンまでを鉄道で結ぼうという壮大な計画をロシア政府と日本政府で協議している。これが実現すると東京からロシア本土、そしてヨーロッパ各国へ向かう大陸横断鉄道が完成することになる。ユーラシア大陸の国々がぐっと近くなりますね!

 

 

ロシア シベリア鉄道を通す計画を立案

f:id:reni99:20171004213835j:plain

ユーラシア大陸横断鉄道は、ロシア政府が提案した一大プロジェクトで、ロンドンと東京を結ぼうというものです。

プーチン大統領の関係者は、現在、海を横断できるようにする橋を建設する計画を日本政府と真剣に話し合っているという。このプロジェクトは、ロシア側にはスターリンの時代から存在していました。

列車は、東ヨーロッパとロシアに入る前に、ドイツとポーランドを通過します。乗客は、シベリアの大自然が残り山々の風景を楽しむことができ、美しいロシアの風景を見ることができます。イーゴリ・シュワロフ副大統領は、「我々は北海道からサハリン南部までの道路と鉄道が混在した橋を建設することを真剣に検討している」と述べている。

日本との信頼関係を深めるために

f:id:reni99:20171004215226j:plain

日本とロシアは、第二次世界大戦の敵対関係を正式に終結させる条約に署名、日本に提案された「橋」は両国の信頼関係を構築するための、まさにラポール(架け橋)となるだろう。

ロシア本土とサハリン間の橋渡しには約40億ポンドのコストがかかる一方、日本とのつながりはより高価になる可能性が高い。

この計画は、プーチン大統領がウラジオストックで開催したロシア東部経済フォーラムで明らかにされた。

 

実現すると

f:id:reni99:20171004215537j:plain

via:New 8,400 mile route will link London to Japan | Daily Mail Online

世界最長の鉄道、シベリア鉄道が日本に乗り入れる事になると、電車で「ちょっとモスクワ行ってくるわ!」のノリで旅行に出かけられるようになります。その一方で国際鉄道の乗り入れ経験がない日本は、手続き等の整備で混乱する可能性も出てきますね。

まとめ

日本に国際鉄道が乗り入れ、ユーラシア大陸の国々へ簡単に行けるようになるということは、また1つ海外旅行のハードルが下がることになりますね。さらに、現在良好な日露関係をさらに良くすることにも貢献できそうです。

プーチン大統領はかなりぶっ飛んだ考えを持つ革新的な人ですが、ここまでやるとは・・・。北方領土問題等、二次大戦から残る国際問題を解決しつつ日本との関係を強化し、さらにお互いの国での経済効果まで見込めてしまう夢のある計画ですね。

近い将来、本当に「シベリア鉄道でマンチェスターユナイテッドに試合見に行こうぜ!」が可能になる日もそう遠くないかもしれません。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

良いハッピーライフを!