夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

ネット初公開!人がこつ然と消えた謎の廃村

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter

そろそろハロウィンですね。

この季節に街に出るとハロウィン飾りをしたお店が目立ち、カフェに入るとハロウィン限定料理を提供しています。

今宵のエア冒険の舞台は仙台市青葉区。実際にはエアではなく、かなり前の話になるけどリアルに冒険をしてきました。しかし、あまりにも不可解で謎が多い廃墟であり、廃墟マニアとして活動してきた中で一番不思議な廃墟でした。本来なら廃墟は専門ブログで扱うのですが、今回はハロウィンにちなんで、わたしの廃墟マニアとして活動してきた中で最大最怖の廃墟をお届けします。

 

謎が多く残る廃村

f:id:reni99:20171024175253j:plain

さあ出発!廃村になったのは大正から昭和初期にかけてであろうと予測されるので当然道は舗装されていません。途中まで車で入り歩くしか行き道はありません。

f:id:reni99:20171024175427j:plain

まずは1件目の家を目指します。写真ではあまり分からないけど、藪ではなく小高い丘の上に建っています。道は完全に塞がっているので強行突入しかありません。

f:id:reni99:20171024175542j:plain

特殊かつ到達が難しい環境下にあるせいか、全然知られていない場所に廃村は存在します。足を踏み入れたのもわたしが初めてでしょう。

f:id:reni99:20171024175735j:plain

見た目はボロいけど中は意外としっかりしています。土壁のため、壁は所々崩壊しているけど、柱は見ての通り綺麗に残っています。

f:id:reni99:20171024175912j:plain

そして、テレビの上にある人形の首が不自然に取れている事が恐怖を演出します。肝試しに来た不良の人為的破壊にしては地味だし、自然に壊れるとも思えないし・・・

一番不思議なのはたくさん物が残っており、こつ然と人が消えたかのようなところです。

f:id:reni99:20171024180158j:plain

明らかに大正から昭和初期にかけての物ですね。その証拠に、古いコイン(1銭)が残っていました。

f:id:reni99:20171024180441j:plain

時を止めた時計。土壁が完全に崩壊してしまっています。

謎が謎を呼ぶ廃屋

f:id:reni99:20171024180536j:plain

農作業用の小屋だと思われます。完全に崩壊しており確認はできません。

f:id:reni99:20171024180629j:plain

そしてこれが問題の2件目。これまた廃村なので建物はボロいけど、家の中はさっきの家よりも綺麗に残っています。

f:id:reni99:20171024180727j:plain

これが最大の謎です。生活の痕跡と言う言葉を通り越して、たった今まで台所に誰かが立っていたかのようです。先客の廃墟マニアが先に来てセッティングして行ったようにも思えないし、テーブルの上にも今まで食事をしていたかのように食器が乗っています。

f:id:reni99:20171024180949j:plain

そして極め付け。誰かが調理をしていたというのは確実でしょう。鍋の中も開けてみたけど、料理の痕跡が残っていました。

f:id:reni99:20171024181321j:plain

 

不思議なびで紹介したアメリカのボーダーハウスよりさらに不気味で不思議ですね。

www.decoration.tokyoたくさん残されている物の中に、卒業証書までも残っていました。本人もしくは家の人の届けられればと思い色々聞き込みをしたけどわかったのは酪農をやっていた集落と言う事くらいで誰に聞いても住んだ頃にはもう廃墟だったという回答しか得られませんでした。

また、近くに住むおばあさんに画像を見せながら取材をしたけど、回答は似たようなものでした。「知らない」ではなく、「言いたくない」のようなニュアンスであったため深く聞くこともできず取材は断念しました。

わたしが色々なところに探検に行くようになって間もない時に遭遇した不思議な集落、いかがでしたか?その後、引退まで10年以上探検を続けたけどこれ以上不思議な場所に出会った事はありません。