夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

ディズニーシーのクリスマス2017 写真たっぷりでお届け 

今回は久しぶりにディスニー記事です。2ヶ月くらいパークへ行っていなかったので久々になってしまいました。今回は撮影方法についても紹介しようと思います。

前回のハロウィンからパークはクリスマスへと切り替わり、大小さまざまなクリスマスツリーが配置され、夜になればイルミネーションが輝きます。

 

パーフェクト・クリスマス

開催期間:2017年11月8日(水)~2017年12月25日(月)

開催時間:9:30 / 11:45 / 14:30

公演時間:約25分

場所:メディテレーニアンハーバー

f:id:reni99:20171112213750j:plain

f:id:reni99:20171112213822j:plain

ディズニーキャラたちの思い思いのクリスマスというのがコンセプトのショーとなっており、出演するキャラクターがとにかく多い!内容はクリスマスツリーの飾りつけに始まりクリスマスソングやクルミ割り人形に乗せたダンス、そしてサンタさんの登場とまさにクリスマスと言った内容。

f:id:reni99:20171112214118j:plain

そして、ダッフィーとシェリーメイが登場します。ジェラトーニとステラ・ルーは参加しないけどミッキーやミニーとのツーショットが見れます。

ミッキーがサンタさんに「君はどんなクリスマスが理想か?」と聞かれた時に「ここにいる家族のような仲間たちと過ごすのが理想」と即答するミッキーの人間性(キャラクター性?)の大きさが垣間見れます。

f:id:reni99:20171112214338j:plain

パークに遊びに行ったらパレードの写真を撮影したいという人も多いと思います。しかしパレードは速度が早くて中々思った通りの写真を撮るのは難しいんですよね。

特にダンサーは表情1つで写真の出来が大きく変わるのでとても大変です。こういう場合に有効なのが連射撮影です。

20~50連射くらい撮影すると1枚くらいは良いのがあるだろうという考え方です。枚数にモノを言わせた数の暴力でもあるけど、納得のいく写真が欲しいならやっぱり数の利は利用すべきです。

 

カラー・オブ・クリスマス

開催期間:2017年11月8日(水)~2017年12月25日(月)

開催時間:19:55

公演時間:約15分

場所:メディテレーニアンハーバー

こちらは海上のみのパレードです。

f:id:reni99:20171112214956j:plain

みんなで願いをかけてクリスマスツリーを輝かせようという内容で、夜に開催されるのでイルミネーションをふんだんに使った派手な内容となってます。

f:id:reni99:20171112215823j:plain

デジカメは昔から夜に弱いと言われているけど、さすがに夜になると速射砲やマシンガンのように何百枚と連射するわけにはいきません。被写体がキャラクターなのかイルミネーションなのか、船の光り方等を見て柔軟に設定を変えられるマニュアルモードでの撮影がおすすめです。露出制御やフィルター設定などが加わるので、一撃で決める!くらいの勢いで撮影すると良いです。

シャッターを切る事を「ショット」と言うけど、戦闘機の攻撃や銃撃に使われるような軍事的な言葉です。戦闘機のパイロットにでもなったつもりで、F-22戦闘機のコックピットからサイドワインダーを敵機に撃ち込むような感じでシャッターを切ってみましょう!

ステップ・トゥ・シャイン

f:id:reni99:20171112225315j:plain

こちらは前回記事に詳しく書いているので内容は割愛します。来年の3月までやっているのでまだまだ見れますよ!

パーク内の飾りつけ

f:id:reni99:20171112225445j:plain

f:id:reni99:20171112225510j:plain

パーク全体がクリスマスの飾りつけで夜になればイルミネーションを楽しめます。ダッフィーを連れて行って色々なところで撮影してみましょう!

f:id:reni99:20171112225641j:plain

f:id:reni99:20171112225700j:plain

堂々とした雰囲気で貫録がありますね。

ぬいぐるみとは不思議なもので、魂はないけど生物に近いエネルギー体を持っています。ただ、可愛がらずに物として扱うと無表情になりあまり可愛くなくなります。

次回はカウントダウンに参加する予定です。前回は落選したので今年は行きたいものですね!

最後にディズニー記事を2つ紹介します。

 

www.mahorovacation.tokyo

www.mahorovacation.tokyo