夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

人生を変えるアファメーションのやり方のコツ 潜在意識を確実に書き換える方法

潜在意識を書き換えて願いを叶える願望実現法にアファメーションと言うものがあります。ただ、やり方にはコツがあり、ただ普通にやっていても効果がないどころか逆効果となってしまう事が多々あります。

スピリチュアルに詳しい人の中にはアファメーションは脳波を自在に操れる超能力者の行う技術であり初心者には危険すぎると警笛を鳴らす人もいます。

今回はタイムリープ理論との組み合わせで効果のあるアファメーションのやり方を紹介します。

 

アファメーションとは?

f:id:reni99:20180104160741j:plain

アファメーションとは「宣言」と訳され、その名の通り自分自身に対して宣言することからこの名がつけられました。

簡単なものは「私はツイてる」「私は自身に溢れている」「私はすべてうまく行っている」といったものから願望に合わせたオリジナルのものまでいくつものバリエーションがあります。

このような宣言文を常時つぶやくことにより潜在意識に情報をインプットさせ願望を実現するという方法になります。

叶わない理由

やったけど叶わなかった!と言う声が聞こえてきそうですね。

実際に宣言文だけでは効果ありません。それどころかマイナスになる可能性すらあるので注意が必要です。

【例題】

あなたは今ドイツ旅行に行きたいと仮定します。

www.decoration.tokyo

ローテンブルクの街並みが見たいのでアファメーションを使い叶えようとするならば、どのような宣言文を作りますか?

・私はローテンブルクに行けて嬉しい

・ローテンブルク行きが決まった

などでしょうか。

しかし、普通にやると大惨事になってしまいます。

「私はローテンブルクに行けて嬉しい」

→(自我の声)いや、行けないでしょ

「私はローテンブルクに行けて嬉しい」

→(自我の声)お金は?時間は?無理だ無理 む~り~

「私はローテンブルクに行けて嬉しい」

→(自我の声)む~り~

アファメーションの裏ではこのような事が起こっています。だからうまくいかないのです。自我の声というのは面倒なもので、ネガティブおしゃべりとわたしは呼んでいますが何か願望を言うと必ず反論してきます。これはちょっと意識していれば誰でもわかる事です。

そこで、まどろみタイムですよ!

f:id:reni99:20180104162904j:plain

自我が無理だと言ってくるのであれば自我を黙らせるしか方法はありません。方法は2つ。1つは自己催眠をかけて自我を休ませてあげる方法、そしてもう1つはまどろみタイムを利用してアファメーションをする方法。

【まどろみタイムとは】

睡眠と寝る前の中間の時間であり、頭がぼーっとして「今にも眠い」と言う状態。人によってはキーンという音が聞こえてきたり体がふわふわしていたり人それぞれ。

寝る前→まどろみタイム→睡眠

というのが一般的なプロセスです。まずは、自分のまどろみタイムがどのようなものなのかを把握する必要があります。把握にはある程度慣れが必要ですが、ひとたびまどろみタイムを理解すれば奇跡を起こせます。タイムリープすら可能です。

www.mahorovacation.tokyo

まとめ

タイムリープは時間がある程度かかるけど、アファメーションで願望実現であれば大して時間もかからずに成功するでしょう。

1.まどろみタイムの把握

2.まどろみタイムに一気にアファメーション

途中で寝てしまっても全然問題ありません。

まどろみタイム突入から寝るまでひたすらアファメーションし続けます。

これを毎日やるだけで潜在意識に届くので願望は実現に向かいます。

 

いかがでしたか?あなたも「まどろみタイム」を利用して人生を変えてみませんか?