夢と魔法のハッピーライフ

生活に役立つ雑記からスピリチュアルまでいろいろ

タイムリープの方法 やり方のコツ3点

タイムリープ、つまり過去に戻れるという事は、今まで誰にも教わった事はないと思います。ましてや、嘘だとか不可能だとかネガティブな情報も多く、せっかく挑戦しても、それによりスランプに陥ってしまう事も多々あります。

今回はタイムリープのコツをいくつかまとめてみました。

詳しいやり方については下記を参照してください。

www.mahorovacation.tokyo

【前提】

「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションである」

-アルベルト・アインシュタイン-

アインシュタイン博士の名言にこのような言葉があります。

実際は、18才までに管理層に与えれた洗脳情報の事を常識と言います。今は存在しないけど、管理層に忠誠を誓うために何もわからない子供の頃にツベルクリンとか言うハンコ注射を打たれます。一度打たれてしまうとこの傷は一生消えません。9×9、すなわち「666」と言う数を体に刻むことにより、数字に魔力を利用した洗脳の第一段階なのでしょう。

余談ですが、管理層が作っている「常識」から逸脱した人はBCGの跡は体から消えてしまうようです。わたしも烙印を押された記憶はあるけど跡は残っていません。

 

タイムリープのコツ1 スランプ対策

f:id:reni99:20180205081314j:plain

タイムリープはやっているとスランプに陥る時期があります。今までつかめていた「まどろみタイム」が急に分からなくなり寝落ちが多くなったりフラッシュバックが少なくなったり。これは自我の抵抗が原因です。

こんな時はこう考えましょう。

「もうタイムリープに着手したのだからリープすることは決まった。この世界にいる時間は残り少ない。なので、この猶予期間は過去の世界で自分の体験を伝えたり家族に話したりするために与えられたこちらの世界を見る時間」

と、解釈します。

タイムリープのコツ2 まどろみタイムの掴み方

f:id:reni99:20180205082214j:plain

寝る前、意識のある状態と無意識状態の中間であるまどろみタイム。

この感覚が分からないとスタートラインに立つこともできません。睡眠でこのような時間がある事は何となく誰でも知っていると思うけど意識的にまどろみタイムを迎えるという事は思った以上に難しいものです。

まず、必要な事は「睡眠を観察する」事。ベッドに入り寝るまでどれくらい時間がかかるか、まどろみタイムらしき時間はいつなのかを把握します。この段階ではタイムリープを意識せず、まずは「探す」ことに徹底します。

どうしても出来ない場合は最終手段として見るだけアファメーションを利用すると良いです。

www.mahorovacation.tokyo

タイムリープのコツ3 雑念

日々タイムリープに挑戦していても、実生活で腹の立つことがあったりするとそちらに気を取られ過去をイメージしにくくなります。その場合は諦めてまどろみタイムを楽しんでみたりして臨場感を上げつつ休憩を取ってみましょう。

あまり力みすぎると逆効果になります。

タイムリープの注意点

何度も言っている事ですが、遊び半分でやるとフラッシュバックに悩まされるようになり精神が参ってしまい下手するとカウンセリングが必要なレベルになってしまう事も予測されます。くれぐれも遊び半分でやらないようにしてください。

また、タイムリープは不要だけど現実を少し変えたいという場合はタイムリープ式引き寄せの法則をやってみてください。

 

www.mahorovacation.tokyo

【2018/2/13追記】

現在質問が多く対応が滞っています。

質疑応答の場として掲示板作成を進めているのでもうしばらくお待ちください。掲示板は広く浅く回答させていただき、内容の濃い質問やオープンにはしたくない等の場合は個別対応をします。

 急ぎの方は個別対応をするのでツイッタ―にてメッセージをお願いします。

Twitter→れに (@goma9995) | Twitter